トップ > 展示の様子 > かめだようこ 普段着の京・陶器

普段着の京・陶器

草木の色目の深さを表現。実用にこだわった碗、皿、合子、小物入れなど飽きのこない手感触の使い易い器。

かめだようこ
  • 1995年~嵯峨美術大学 美術学科 陶芸コース卒。
京都在住。

イメージギャラリー

※クリックすると拡大してご覧になれます。