トップ > 展示の様子 > 俊英よんまる会 水彩と造形展

水彩と造形展

俊英よんまる会

同志社大学 経営学ゼミ恩師 今井俊先生を偲んで・・・
手仕事作品展示会を2010年10月に開催。

  • 円空仏'仏の微笑みに魅せられて'
    小学校以来のノミに触れ、この5年間で100余体を彫る。
    檜・杉・銀杏などを素材とする。
    各務市在住 成田幸造
  • 水彩画'寺田みのるーのちょっと絵心スケッチ教室'から出発。
    近年は、個性を生かしたオンリーワン作品の制作に挑んでいる。
    京都市在住 梶本毅
  • 流木雑貨自然のいたずらで倒れた古木/流木に手を加え、
    いのちを吹き込んだアート雑貨作品を提案。
    京都市在住 金田由紀夫
  • 陶器「伍斗蒔」粘土で美濃焼『志野』と「灰かむり」を焼く。
    今日より明日、明日より明後日と土の上に立つ心で
    手を器づくりに染める。
    各務市在住 成田幸造

イメージギャラリー

※クリックすると拡大してご覧になれます。

円空仏

水彩画

流木雑貨

陶器