トップ > 展示の様子 > 京都の三春をキルトタイムで パッチワーク 京都3人展

こちらの展示は終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。

京都の三春をキルトタイムでパッチワーク 京都3人展

日時

2018年4月6日(金)~4月10日(火) 10:00~17:00

アーティスト

南富士子/小野光江/佐藤澄恵

古布と戯れ、残したい永久(とこしえ)を描いてみました。
この3人展で昔から紡いできた伝統と、風土が育んできた絆が皆様に伝われば嬉しいです。
東山で8年を迎えた画廊での開催です。
芸舞妓の住まう街、花街、宮川筋にあり、お茶屋の並ぶ軒下雰囲気も楽しめる通りです。
お気軽にのぞいてください。